加圧ジム・ビリー・ラン・プライベートジム・ストレッチ・etc...

スタイル改善ダイエット

プロテインについて

SAVAS・大手メーカーのプロテインの評価は?

投稿日:

大手メーカープロテインのメリットとデメリットは?

無水換算値・製品無水物とは?プロテインの成分表プロテイン購入時に初心者が注意することの記事ではSAVASに対して少し辛口の意見になっていましました。

 

先ほどの2つの記事では例としてSAVASを挙げましたが、基本的に大手食品メーカーのプロテインは

  • 買いやすい
  • 味が良い
  • でも高い!

といった特徴のあるプロテインが多いです。

ではなぜこのような特徴があるのでしょうか。

 

SAVASなど大手商品のターゲット層はプロテイン初心者

スクリーンショット 2016-06-15 15.26.53

これは大手メーカー明治(SAVAS)・森永(ウィダー)・グリコなどの商品は、プロテイン初心者をターゲットにした商品が多いからです。

 

大手メーカーの商品はホームセンターやドラッグストア、スポーツセンターなどにも置かれているため、たくさんの人の目に止まります。

そうです。大手メーカーのプロテインは「購入しやすい」という特徴があります。

img_3

 

そのため「キャッチーで求心力のあるフレーズ」を使用したパッケージになっていることが多くなっています。

 

ウェイトダウンプロテインは痩せるの?

例えばこちらのウィダー 「ウェイトダウン」プロテイン。

ウェイトダウンと入っていると、なんとなく「減量」を期待できるイメージがありますよね^^;

 

そこで成分表を見てみましょう。

スクリーンショット 2016-06-15 12.01.55

 

15gあたりのタンパク質量は7.5gと、タンパク質含量は50%とかなり低めになっています。

またダイエットに効果的とされる栄養素の「カルニチン」が多少入っていますが、カロリー・脂質・炭水化物量的に見ても、減量効果のあるプロテインとは考え難い商品です。

 

ですが大手メーカーのプロテインにもメリットはあります。それが冒頭にも挙げた「味」です。

 

SAVASなど、大手メーカーのプロテインは飲みやすい

大手メーカープロテインのメリットは「飲みやすいこと」です。

gahag-0075835414

プロテインを飲んだことがないような方にも購入されるケースがあるため、万人受けする味にしているのでしょう。

 

実際にSAVASを飲んだ感想

私も最初にSAVASのアクア系プロテイン(アセロラ味)を飲んだ時には、その美味しさに驚きました。

スポーツドリンクと遜色のないすっきりとした飲み口であり、プロテインのイメージを覆されました。

タンパク質含量は67%とやはり低めなことは残念ですが、プロテインを飲み始めるきっかけ作りには、とても良い商品かと思います。

ただしこれも冒頭に書きましたが、大手メーカーのプロテインは「価格が高め」ですので、その点は注意してください。

 

では大手メーカーの商品は微妙なものばかりなの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

使いきり商品は魅力的なモノが多い

ここ最近で一番オススメなのはコンビニで購入できるSAVASのプロテインドリンク「ミルクプロテイン」です。

スクリーンショット 2016-06-15 15.15.08

 

SAVAS「ミルクプロテイン」

価格は税別で150円。

ホエイプロテインのドリンクタイプで売られているものの中ではタンパク質量も多く、価格も安く抑えられています。粉末タイプのものを購入するよりはもちろん高めですが、コンビニで手軽に購入できるというのが一番の魅力ですね。

成分表はこのようになっています。

スクリーンショット 2016-06-15 15.14.51

タンパク質15gで100kcal。コンビニで150円で買えるという手軽さを考えると、十分なタンパク質量ではないでしょうか。

プロテインを切らしてしまった、、といった場合でもつなぎとして使用できるのは大きいです。

 

まとめ

大手メーカーのプロテインの特徴は

  • ショップに並んでいるため買いやすい
  • 飲みやすいものが多い

といった特徴があります。

反面、栄養素量に対しての価格は高めになっているものが多いです。

そのため大手メーカーのプロテインは、よく見極めて購入することが重要になります。

 

-プロテインについて

Copyright© スタイル改善ダイエット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.