加圧ジム・ビリー・ラン・プライベートジム・ストレッチ・etc...

スタイル改善ダイエット

プロテインについて

アイソレートプロテインとは?-ホエイプロテインにも種類がある-

更新日:

原材料で違うプロテインの特徴では、プロテインの原材料の違いと、その特徴について解説させていただきました。

 

ホエイプロテインの主な材料は牛乳ですが、正確には「乳清(にゅうせい)」と呼ばれるものから作られています。

ちなみにこの乳清(乳漿(にゅうしょう)とも呼びます)、あまり聞き馴染みのない人もいるかもしれませんが、ヨーグルトを開けた時に表面に水が溜まっているのを見たことがあるのではないでしょうか?「アレ」が乳清です。

 

栄養素満点の乳清

この乳清、実はたんぱく質が非常に多く含まれており、さらには脂肪分もほとんどないため、とても優秀な栄養素のカタマリなのです。

 

そんな乳清から水分を可能な限り抜き出し、粉末として精製されたのが「ホエイプロテイン」です。プロテインの種類.001

ホエイプロテインは材料となる乳清の元が「牛乳」なことから「動物性たんぱく質のプロテイン」「動物性プロテイン」とも呼ばれていることは、前記事でも述べていますね。

参考記事:原材料で違うプロテインの特徴

 

 

プロテインの種類-派生編-

ホエイプロテインは2つの種類がある

この動物性プロテイン「ホエイプロテイン」は、さらに「ホエイプロテインコンプリート」と「ホエイプロテインアイソレート」という一般的な製法の物、そしてハイブリットな製法の物に分けることが出来ます。

プロテインの種類.001

 

 

プロテインの作られ方

先ほども述べましたがホエイプロテインは、乳清から水分を取り除き、たんぱく質を可能な限り残したものです。

 

乳清から水分を取り除く際ですが、フィルターなどを用いて膜処理で精製するのが一般的です。

ですが、この際に100%プロテインだけを抽出することは不可能です。脂肪や炭水化物などが一定数残るため、最終的にプロテイン100gあたりのタンパク質量は70gほどの状態で販売されます。

 

高純度のプロテイン「アイソレート」

このフィルターの精度を高め、たんぱく質の比重を多くしたものがホエイプロテインアイソレート(WPI)と呼ばれるものです。

 

実際にbeLEGEND製の通常のプロテイン(ホエイプロテインコンプリート)と、アイソレートタイプの商品の、100gあたりの主な栄養分を比較してみましょう。

 

スクリーンショット 2016-04-04 17.28.04

 

どうでしょうか?タンパク質量が顕著に違うのが分かるかと思います。また脂質・炭水化物量も100g内での値と考えると、大きく違うと言えるでしょう。

 

 

アイソレートタイプのプロテインのメリット

アイソレートタイプのプロテインのメリットは、高たんぱくなことと、脂質、炭水化物などが低いことです。

 

タンパク質を20g~30g取るにあたり、脂質・炭水化物の差は1g~3g程の違いです。ストイックに体重を減らし、筋力を増やそうとするには確かに便利です。

ですが一般人がトレーニングや運動時に使用するとなると、誤差レベルと言えるのではないでしょうか。

 

アイソレートタイプのプロテインのデメリット

値段が高い

たんぱく質量の割合が高いホエイプロテインアイソレート(WPI)は非常に魅力的ですが、通常のものよりも価格が高いことが多いです。

それだけコストがかかっているため、当たり前といえば当たり前ですね。

 

タンパク質に変化がある

アイソレートタイプのプロテインのタンパク質は、コンプリートタイプのプロテインのタンパク質とは若干ですが成分が違います。

 

アイソレートタイプのプロテインを作る際に使用される「フィルター」の精度が高いことにより、ホエイから水分を除去する際にタンパク質を形成する「極一部の成分」も共に排除されてしまったり、逆に残ったりするという現象が起きます。

 

実際に通常のプロテイン(コンプリート)と、アイソレートタイプのプロテインのタンパク質成分を比較してみましょう。

比較しているのは先ほどのbeLegend製品であり、成分量が多い方を赤く塗ってみました。

スクリーンショット 2016-04-04 19.27.31

 

 

こちらもプロアスリートやストイックな方達の中には「たんぱく質内の成分が【人工的】に変化されることに抵抗がある」「他の有効成分も減っているのでは」といった意見を挙げる方もいますが、一般的にスポーツをしている方やダイエッター、トレーニングをしている方はそこまで気にしなくても問題ないでしょう。

 

BCAAのバリン・ロイシン・イソロイシンの値がWPIの方が計1100mgほども多いあたり、個人的には魅力的かと思います。

 

 

まとめ

アイソレートタイプのホエイプロテインは、グラムあたりのタンパク質で通常のプロテインを上回っている上に、脂質・炭水化物量は抑えられた良質なプロテインです。

またプロテインを飲むとお腹の調子が……という方にもおすすめのプロテインです。

ただし料金が高いものが多いため、お財布と相談して選択しましょう。

-プロテインについて

Copyright© スタイル改善ダイエット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.