加圧ジム・ビリー・ラン・プライベートジム・ストレッチ・etc...

スタイル改善ダイエット

ホームジム

10万円以下で選ぶ!おすすめのパワーラックを紹介-このメーカーはやめておこう!-

更新日:

先日4.5畳の部屋にパワーラックを設置し「ホームジム」を作成しました。

購入するためにパワーラックについて調べたところ「バーが曲がっていた」「壊れやすい」といった品質の悪い商品も多く存在していることが分かりました(Amazonの評価は良いのに!)

こちらの記事では口コミの信用度も含めた「おすすめできるパワーラック」を紹介しております。この記事を読んでいただくことで

  • 10万円以下のおすすめのパワーラック
  • 安くてもおすすめできないパワーラック

を知ることができます。現在パワーラックの購入で悩んでいる方は是非一度目を通してみて下さい。

 

10万円以下 おすすめのパワーラック

IROTEC(アイロテック)パワーラック

IROTECは大阪府にある「株式会社スーパースポーツカンパニー」によるブランドです。

安価で品質が良くコスパに優れたメーカーです。

 

パワーラックはもちろん、ウェイトのセット商品がお得でオススメです。

ちなみに上記のウェイトですが、コロナ禍には売り切れてしまい、再販時にも数時間で完売するほどに注文が殺到したおすすめ商品です。

IROTEC パワーラックHPM

サイズ:W1160×D1340×H2010mm
ラック内側の横幅寸法:約101.5cm
重量:106kg
耐荷重量:450kgまで、チンニング200kgまで、ディップス150kgまで
バーベルシャフト:200cm以上対応(160cm、180cmは使用不可)

販売価格:89,100円

IROTEC パワーラックHPMの評価まとめ

スライド式のセーフティーバーのため、狭い部屋でも扱いやすいパワーラックです。

ただし対応しているバーベルシャフトは200cmのみ。ウェイトの取り付け・取り外しを考えると、部屋の幅は最低でも240cmは必要です。

 

幅は116cm(内寸101.5cm)と標準的な広さです。175cm以下の方は問題なく使用できますが、それ以上の方はベンチプレスの際の必要幅を測って購入することをオススメします。

 

バーベルクラッチの太さ・長さも十分に取られており、安全性が配慮された作りになっています。

別売りの「パワーラックHPM専用ラットオプション」を装着することで、ラットプルダウン、ベントオーバーローが可能。拡張性もあるため、将来的にトレーニング幅を広げたい方にもオススメ。

IROTEC パワーラックHPMの口コミ

品物はしっかりしていて全然グラつきません。初心者には勿体ないかなとも思いましたが、簡単に買い替えられるものではないので、これで良かったと思います。

セーフティーバー等の高さ調節のしやすさ、デザイン、頑丈さ、どれも素晴らしく素直に買ってよかったと思えます

 

IROTEC  パワーラック V-MAX

サイズ:W115×D111×H210cm
本体重量:(約)90kg
フレーム:75mm角
バーベルシャフト:180cmワイドグリップタイプまたは200cm以上のみ対応
耐荷重量:350kg

販売価格:61,050円

IROTEC パワーラック V-MAX 口コミ・評価まとめ

今回パーツに不具合があり、ショップに連絡したところ、なんと次の日に代替部品が届きました。中国製品を購入するにあたり不安がありましたが対応のスピードと正確さに驚きました。
ショップに星5つ。

200kg前後の重量域でのトレーニングならば多少乱暴に扱ってもまったく問題ないでしょう。

以前はベンチとダンベル、チンニングバーのみでのトレーニングでしたが、パワーラックを導入してから一気に体が変わってきました。やっぱりBIG3は偉大ですね。

IROTEC パワーラック455

サイズ:W116×D118×H210cm
本体重量:77kg
フレーム:60㎜角
耐荷重量:250kg

販売価格:59,030円

IROTEC パワーラック455 口コミ・評価まとめ

低価格でありながら最高クラスの安定度。

セフティもガッチリ受け止めてくれて、抜群の安心感。
ラックとセフティが別々で、スキマが出来てしまうセットよりも遥かに安心度が高いと思われる。

作りはシンプルですがしっかりしていて安心してトレーニング出来ます。組み立ても一人で、1時間ほどで完成します。

品薄の時は公式ページをチェック

IROTEC商品は公式HP、Amazonの両方で購入することが出来ます。

両方とも購入時にポイントが付きますが、アマゾンポイントはアマゾンでの商品全てに使用できるのに対し、アイロテックは自社商品購入にしかポイントを使用できません(当たり前ですが、、)

そのため基本的にはアマゾンでの購入をオススメしますが、目当ての商品が品薄の場合は公式ページの方が補充が早いです。もしアマゾンで売り切れの場合でも、IROTECのHPをチェックしてみましょう。

Amazon:https://amzn.to/32JJ7lk

公式ページ:https://www.super-sports.jp/

 

Bodymaker パワーラック

BODYMAKER株式会社はスポーツ用品の製造・販売を行う大阪の会社です。

格闘技のウェアやトレーニンググッズを中心に展開しています。

公式ページ:https://www.bodymaker.jp/shop/default.aspx

ハードパワーラック2 TM159

サイズ:W117×D117.5×H210cm

ラック内寸サイズ(横幅の内寸:約103cm、奥行き:約83cm)

柱の太さ(1辺):約6cm

床から一番下にセーフティバーを挿したときの上面までの距離:約49.5cm
床から一番上にセーフティバーを挿したときの上面までの距離:約164cm
床から黄色のバーの下面までの距離:約12.5cm
本体重量::77kg
耐荷重量:200kg
価格:78,000円

ハードパワーラック2 TM159 口コミ・評価まとめ

175cm以下の方が使う分には問題のない内寸です。

 

マーシャルワールド パワーラック

マーシャルワールドは格闘技用品・フィットネス用品、トレーニング用品の製造・販売を行っているメーカーです。

マーシャルワールド パワーラックプロ【POWER RACK PRO】

公式価格:107,800円

サイズ:幅122(内寸法110)×高さ219×奥行146cm
重さ:95kg

マーシャルワールド 口コミ・評価まとめ

10万円をオーバーしていますが、多様性がありスペックも高いので取り上げさせていただきました。

幅と奥行きがしっかり取られおり、身長175cm〜180cmの方も「ベンチ・スクワット」などを狭さを感じずにトレーニング出来るサイズです。

スライド式のセーフティーバーのため、必要以上にスペースを取らない点もおすすめです。

ウェイトプレートを置く「プレート差し込み穴」や「チューブトレーニング用の設置バー」が装備されており、さまざまなトレーニングをサポートしてくれます。

Amazonで価格を調べる:マーシャルワールド パワーラックプロ【POWER RACK PRO】

マーシャルワールド スーパーパワーラック B17

定価44,000円

サイズ:W115×D95×H201cm
重量:58kg

公式解説ページはこちら:https://www.mwjapan.jp/product/215

マーシャルワールド 評価まとめ

幅115cmのコンパクトなパワーラック。身長160〜170cmの方におすすめです。

腕・肩幅にもよりますが、175cm以上の方は使う方を選ぶパワーラックです。

 

セーフティーバーが黒く塗装されており、着脱の際に塗装が剥がれやすいのが難点です。

IROTEC パワーラック455・Bodymakerハードパワーラック2と比べると価格が安いため、この点が納得できる方にはオススメです。

また着脱式セーフティーは、設置に必要な奥行きは約190cmほど必要ですので注意が必要です。

マーシャルワールド 口コミまとめ

セーフティバーを抜き差しする度に黒色の塗装が剥がれて黒い粉が出てしまい直ぐに汚れてしまう。

安定感があり、ベンチプレス、スクワットを安心して行えます。
セーフティバーの黒い粉に関しては養生テープを定期的に巻き替えているので、全く問題ないです(ちょっと手間だけど)。
奥行きが95cmととてもコンパクトでありがたい!
高さも201cmなのでチンニングしても天井まで余裕がある!
いいラックだと思います!

マーシャルワールド公式ツイッター

おすすめできないパワーラック

これから記載するパワーラックは「欠損があった」など、口コミでも不評が多いパワーラック です。

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) パワーラック-TRUST

仕様表記

サイズ:W104×D118×H210cm
バーベルシャフト160cmは使用できません。

Bodymaker ハードパワーラック2と構造が似ていますが、BodymakerパワーラックのサイズがW117×D117.5×H210cmであるため、幅が少し狭くなっています。

身長170cm以上の方ですと、ベンチプレスが狭いと感じるくらいの幅です。

ファイティングロード  パワーラック-TRUST 口コミ・評価まとめ

ラックの包装にが中国製と英語で表記されており、どうか不良品でないことを祈りましたが、案の定一部部品に組み合わない部分がありました。

二台購入したが、組み立てた日のウエイト初日にセーフティバーが二台とも曲がった

明らかに手抜き感はんぱない。パイプの中にハリガネが混入してて手を怪我しそうになった。

 

おすすめのパワーラックまとめ

10万円以下でおすすめのパワーラックは

  • IROTEC
  • Bodymaker
  • マーシャルワールド

のパワーラックです。

この3社のメーカーに共通しているのは自社の公式ページを持っており、不具合があった際にも対応がしっかりしているということです。

今回比較した10万円以下のパワーラックは中国での生産です。そうなるとごく僅かですがハズレを引いてしまうということもあり得てしまいます。

万が一納得のいかない商品を購入してしまったときに対応がしっかりしている「信頼できるブランド」を選択することをオススメします。

身長や部屋の広さにあったパワーラックは満足度も高く、トレーニングもより楽しく行うことができます。是非あなたにあったパワーラックを選んでみてください。

 

-ホームジム

Copyright© スタイル改善ダイエット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.